+
学生の皆様へ

4/1(月)の午前中をもちまして「ダックストーリー2019年度版」のサービスを終了致します。
就職、または採用活動を継続される場合は、
お手数ですが「ダックストーリー2020年度版」への登録をお願い致します。

ダックストーリーの特徴POINT

就職お祝い品!PRESENT

ガチャで探すGACHA

就活ガチャ

思わぬ素敵な企業との出会いが待っているかも!
入社時に就職お祝い品がもらえる企業を掲載!

プルダウンを押して
地域を選んでください
プルダウンを押して
企業のウリを選んでください

企業を探すSEARCH

簡易検索

ご希望の勤務地や業種、職種を指定し、「この条件で企業を探す」ボタンを押して下さい。
※左のプルダウンにはおおまかな情報、右のプルダウンにはさらにしぼりこんだ情報を入力してください。

  • フリーワード
  • 勤務地を選択
  • 業種を選択
  • 職種を選択
  • 企業規模企業規模
  • 給与給与
  • 求める人材求める人材
  • 休日休日
  • 説明会説明会
  • 限定求人限定求人

他にも、いろいろな条件から検索可能!

ダックストーリーからのお知らせNEWS

ダックストーリーからサイトについてのお知らせはありません。

就活サイト・ダックストーリーの性格

世には新卒の学生を採用したくても、費用の面で就活サイトの利用ができない企業様が多く存在します。また、優良な業績をあげているにもかかわらず、学生に知らしめる方法がなくて新卒の採用ができない企業様もたくさんあります。
当サイトは、そんな悩みを抱えている企業の皆様に、新卒の採用の手助けができればという思いから生れたものです。
ですから、掲載料永久0円、成功報酬も永久0円に設定し、どんな企業様にも気軽に使って頂けるようにしました。ダックストーリーの永久0円サービスは、企業様にとって画期的なサービスではないかと思います。

また、当サイトは、学生側にも配慮しております。
かつて新聞等で足切りというのが社会問題になりました。足切りとは、名門大学以外の学生を会社説明会に参加できないように操作することをいいます。いわゆる学校差別です。これだと、名門大学以外の学生は著しく不利です。
そこで、ダックストーリーは考えました。「就活は平等に行われるべきだ。どんな大学にもやる気と実力を持った学生はいるのだから、その人達にもチャンスを与えねばならない」と。

そんな思いから、ダックストーリーのWEB履歴書は、学校名も実名も名乗らずに自分を売り込めるようにしました。これだと、やる気と実力さえあれば、誰でも企業説明会に出られるチャンスが生じます。これで初めて就活の平等が保たれるのではないでしょうか。
このようにダックストーリーは、企業にも学生にも使い勝手のいい就活サイトを目指しております。ダックストーリーから企業と学生のより良き出会いの場がいくつも生れることを心から望んでいます。

「中小企業の掲載日本一を目指すダックストーリー」

就活の世界には「大手病」という言葉があります。「就職は大手企業でなくちゃ嫌」「大手しか就職したくない」と考え、大手企業に入ることを最優先している人達が陥る病のことです。この病に陥ると自分が見えなくなり、分不相応な企業選びばかりして時間を無駄に使ってしまいます。結果就職に失敗するという重大結果を招いてしまうのです。

「どれほどの狭き門か」

正直なことを言えば、誰しも聞こえのいい大企業にあこがれるでしょう。しかし、誰しもがあこがれるような大企業はとてつもなく門が狭いのです。この狭き門を知れば、かなり重い大手病の人もハッと自分にかえることができるのではないでしょうか。
現在日本には421万という会社が存在します。そのうち大企業が占める割合はわずか0.3%にすぎません。つまり、421万社の中で大企業は約1万3千社しかないということです。
一方日本では、毎年50万人を超える大学卒業生が就職を目指します。そして驚いたことにデータによれば50万人を超える学生のうち半数が大手企業志向なのです。理工系の大手志向はもっと多くて6割を超えています。50万人中、半数以上の学生が1万3千社しかない大手を目指したら、これはとんでもない狭き門となります。大手に入るのはラクダが針の穴を通るよりももっと難しいということです。もっと具体的に言えば、300人以上の大企業には、新卒のほとんどの人が就職できません。民間就職最強の大学といわれる慶応大学の学歴をもってしても上位4割の学生しか東証一部上場企業に入社できていないのです。学歴フィルタにかけられたら、東大、京大をはじめとする旧帝大や、早大、慶大等々の超有名校の一部学生しか大手に入ることができないでしょう。

「大企業か中小企業か」

そこでダックストーリーは、多くの学生さんに問いかけたいと思います。「大手を目指すことがそんなにいいことなのでしょうか?」と。 もちろん大手を目指すだけの実力を備えている方は、大いにチャレンジしたらいいでしょう。しかし、客観的に自分を見られる方は、大手より、中小企業をねらうべきだと思います。 中小企業には大手にない良いところがたくさんあります。大手で働いたことのある人と中小企業で働いたことのある人のそれぞれに、大手企業・中小企業のメリット、デメリットを聞いたマイナビの調査資料があります。それによると、おもしろいことに大企業で働いたことのある人は大企業の一番悪いところは人間関係だといい、中小企業で働いたことのある人は、中小企業の一番良いところは人間関係だと答えております。人間関係の環境は大企業より中小企業の方が勝れているということです。実はこの人間関係という要素は大変重要です。近年の就活生の意識は給与より人間関係を重視する傾向にあります。給与がいくらよくても職場で人間関係がギスギスしていればたまったものではありませんから、給与より人間関係を重視するというのは賢明なことといえるでしょう。
更に中小企業の良いところは、仕事においてもいえます。中小企業は大企業に比べ、幅広く仕事に携わることができ、やり甲斐が感じられるということです。大企業は下手すると歯車の一つになりかねませんが、中小企業には人間が仕事をするという「仕事感」があるということです。また中小企業は職場人数が少い為、経営者や上司の距離が近く、自分のアイディアも大企業に比べるとはるかに提案し易く、採用もされ易いので実力が大いに発揮できるというメリットもあります。このように中小企業には大企業にはない数々のメリットがあります。このようなメリットを考慮して、中小企業を選ぶのは決して悪いことではありません。就職戦線は過酷です。大手病に陥って時間をつぶしているひまはありません。客観的に自分を見て「私は中小企業に向いている」と判断したら、はじめから中小企業への就職活動をすべきです。そうした方が優良な中小企業に多く出会えるからです。

「就活の情報はダックストーリーから」

5月に入ると、中小企業の求人が増えてきます。ゴールデンウィーク後に募集を始める企業もたくさんあります。5月6月に優良中小企業と出会い内定を頂けたら最高です。9月頃から中小企業回りをはじめる人がいますがそれでは遅きに失します。
さて、そこで、時期を失しない為に必要になってくるのが企業情報です。
ダックストーリーは、中小企業の掲載日本一を目指しております。まだまだ日本一にはなれませんが、それでも、ユニークな企業、地域の有名企業、伸びざかりの企業が一杯です。特に東京都の中小企業が多く、東京に就職したいと思っている人にはうってつけだと思います。またダックストーリーにしか載っていない限定掲載企業もありますので必見です。
また、ガチャを使って「就職お祝い品」を出してくれる企業を紹介しています。これなんか利用すると、楽しみながら就職活動ができると思います。
そしてまた、各企業の説明会の日程もわかり易く載せていますので、企業回りのスケジュールが効率よく立てられると思います。
このようにダックストーリーは色々な工夫をして学生さん達の就活の手助けを微力ながらさせて頂いております。たくさんの学生さんが、ダックストーリーを使って就活されんことを心より願っています。